ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
還暦記念亜州鼓魂ライブ
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
労働ビザとの戦い
布衣秋のツアー2018北京麦田フェスティバル
生楽器の新しいレコーディングのやり方
若きアレンジャーにお説教
スタジオミュージシャンのツラいお仕事
香港とイギリスで活動するバンドのボーカリスト募集!!
尖閣諸島でロックフェスティバル
酸菜白肉(SuanCaiBaiRou)
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト
日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2009年11月 7日

嫁とAnvilとX.Y.Z.→A

嫁がまだ見てないと言うので一緒に吉祥寺の映画館に行った。
しかし今回はワシは映画館に入らずに外で子守りである。

ちょっと寂れた映画館である。
ロック映画にはちょうどいい。

カップルがやたら少ない。
ファッショナブルな人も多くなく、
まるでアンダーグランドのライブハウスのようである。
Anvilには相応しい。

嫁が出て来るまで子供をあやしながらいろいろ考える。

この映画が成功してAnvilがメタリカのようなスターダムにのし上がって欲しいなどとは思ってない。
せめてこれがきっかけで30年続いたバンドがもっと続けることが出来る原因になってくれればそれでいい。

30年バンドを続けるのは大変である。
X.Y.Z.→Aは今年で10年。
メンバーチェンジもせずに、活動停止もせずに、
ひたすら同じメンバーで休まず10年バンドをやり続けたことは「日本のAnvil」と言っても過言ではあるまい。

しかしこんなことを言うとまた二井原のファンから
「X.Y.Z.→Aは違います!だってみんな音楽で食ってるじゃないですか!!」
とクレームをつけられてしまう。

予告編だけを見てワシもAnvilのみんなはもっと悲惨な生活をしてるのかと思ってた。
しかし実際彼らは嫁も子供もいて自分の家も持っている。
ドラムを叩ける部屋まで持ってるじゃないか。

その生活を維持するためにはやっぱり建築業や給食の配膳をやらねばそりゃ大変じゃろう・・・

まあワシらはそれを別の音楽の仕事でまかなっている。
ワシで言うと、中国でのレコーディングの仕事や映画音楽の仕事など・・・。

しかしやりがいのあるいくつかの仕事を除いて、
やっぱりそれはAnvilの言う「クソみたいな仕事」と同じである。
ま、やりがいのある仕事は銭かねじゃなくやるから、
実際金を稼ぐ仕事はクソみたいな仕事が多いということになって来る。

二井原はとあるインタビューで
「X.Y.Z.→Aは僕のライフワークです」
と答えた。

その時にワシもわかった。
「このままスタジオミュージシャンとして死んでゆくか?
それともバンドをやり続けるか?」

ワシは敢えてX.Y.Z.→Aはワシにとって「家(ファミリー)」である!!と言う。

ついでに言うとそれから派生する筋少、ラウドネス、爆風スランプも全てX.Y.Z.→Aファミリーである。
X.Y.Z.→Aがなかったらひょっとしたらそれぞれのバンドの再結成さえなかったかも知れないしね。

だからファミリーである筋少がワシの助けが必要ならワシは命がけで頑張る。
ワシにとって橘高はもちろんのこと、
大槻も内田も本城もみんなファミリーなのである。

ファミリーと言えばそれぞれの家族もファミリーである。
みんな助け合いながら楽しく家庭を過ごして欲しいし、
子供達もみんなの子供としてすくすくと過ごして欲しい。

嫁が映画見終わって出て来てこう言った。
「でもこんな話はバンドやってる人なら誰でも経験してる話よね」

その通りである。
30年続けているからすごいのである。
ワシらは今年で10年。
あと20年続けてたらAnvilを超えるだろう。

願わくばその時にもまだ筋少やラウドネス、爆風スランプも存在していてくれればもっと素敵である。

明日にそなえて・・・寝る!!!

«新しい記事
へとへと・・・
前の記事»
JASRAC再び