ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
ベトナムのダナンにいるんだな〜ん
香港とイギリスで活動するバンドのボーカリスト募集!!
モンゴルの砂漠
尖閣諸島でロックフェスティバル
セットリストのデータベース
上申書要旨全文
東京新聞の記事他
JASRACの違法運営について
Funky鼓校2017@中国山東省临沂
文化庁に上申書を提出します!!
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2017年9月18日

ベトナムのダナンにいるんだな〜ん

ベトナムのダナンにいるんだな〜ん そうかぁ・・・ワイキキはサンセットビーチやったけどベトナムは東が海だから水平線から朝日が昇るのね!(◎_◎;) 詳しくはhttp://www.funkyblog.jp/2017/09/post_1195.htmlを〜 - Spherical Image - RICOH THETA

執筆で煮詰まっているということを聞いて、ダナンにいる知り合いがご招待してくれた〜

この知り合い、とりあえず名前は「Yさん」ということにしておこう。
私が北京で知り合ったビジネスマンなのであるが、きっかけは何と「北朝鮮」である。
北京の日本人会から私のことを聞いて「是非お会いしたい」と連絡して来たのだ。

豪勢な食事をご馳走になりながら、Yさんはちょっと身を乗り出してこう言った。

「実は繊維関係の工場を元々は天津、しかし人件費の高騰で今は武漢に移転したんですが、中国はもうダメでしょう。私は工場を北朝鮮に移転したいんです!!」

まあ「北朝鮮なら末吉に聞け」ということでここまで辿り着いたのであろうが、ビジネスマンでも何でもない一介のミュージシャンには「お門違い」も甚だしい(笑)

しかしこれがきっかけで「面白い人だなぁ」と北京で時々一緒に飲むようになった。

北朝鮮に工場など最初のきっかけは丸っ切り忘れてしまって、その後はただバカなことばっか言って飲むだけの付き合いだったのが、それがひょんなことから一転する。

私が日本にいる時に、とある在日朝鮮人の方が私を訪ねて来てこう言ったのだ。
「私は北朝鮮の著作権を管理している者です」

聞けばテレビ局などと裁判になったこともあるらしく、最高裁は「国交のない国の権利を守る必要はない」ということで退けたらしい。

ちょうどJASRACが私が作曲した「ムルムピョ」を「JASRAC会員なんだからこの曲はお前のものではない!!JASRACのものだ!!」などという主張をして来た時期だったので、
「この曲の詞は朝鮮民主主義共和國のものなんだから、じゃあこの曲がJASRACの曲なんだったらお前がこの曲の権利を守れって訴訟してみたらどうですか?」
などとバカなことを話したりしてた。
(JASRACの考え方は詞と曲は切り離せないものであるというものなので、曲だけの権利を守って詞を放棄することは出来ない)

まあそんな話がきっかけで時々一緒に飲むようになったのだが、その時に聞いたのだ。この人の親戚が平壌で繊維工場をやってる、と・・・

私はさっそく北京のYさんに国際電話を繋いでふたりを結びつけた。
そしてYさんは中国人社員を平壌に派遣して工場の視察をするまでにこじつけたのだ。

「平壌に工場が出来たら是非私を招待して下さいよ」
などと私も非常に楽しみしていたのだが、残念ながらコストの関係とかで実現までには及ばなかった。

しかし転んでもタダでは起きないビジネスマン、その時に「平壌の自由市場にスペースが持てるかも」という話を持って来て、「平壌の自由市場で100円ショップをやろう!!」という企画が持ち上がった。

もうYさん最高である!!(笑)

中国の10元ショップで色んなものを買い込んで、日本語の達者な中国人社員がまた平壌へと向かった。
彼女が北京に帰って来て「Funkyさんにお土産がある」と言うので「土産物より土産話が聞きたい」と集まった。

ところが帰って来たばかりの中国人社員がぷんぷん怒ってて最高である。
「あそこの国の人、みんなドロボウね!!ちょっと目を離したらこっちから何か盗む、そっち見てたら反対側から違う人が盗む、もうこんなところで商売やれないね!!」

それと「盗聴された」というのにもぷんぷん怒っている。
「もうね、報告だから夜に社長のYさんに電話かけるネ、そしたらすぐに案内人から電話かかって来て"今のは日本語ネ、何話してたか"って聞いて来るの、もうこんなところで商売ゼッタイに無理ネ!!」

ワシは大笑いしながらこう言った。
「お嬢さん、あなたの国だってちょっと前までそうだったんですよ(笑)」

そんなこんなでYさんは結局工場をこのダナンに移し、何とそこがビーチリゾートの素晴らしい街だということでワシを招待してくれたのだ。

もう細かい予定は全部ぶっちしてここでを書き上げる所存で御座います!!!

ps.そうかぁ・・・ワイキキはサンセットビーチやったけどベトナムは東が海だから水平線から朝日が昇るのね!(◎_◎;)

Posted by ファンキー末吉 at:06:35 | 固定リンク

2017年9月16日

香港とイギリスで活動するバンドのボーカリスト募集!!

JASRAC本の執筆が当時の精神状態を追体験するので、「これはたまらん」とちょっと逃避しに出かけて行った。

うちの村にはビールと白酒ぐらいしか飲めるところはないので、
中国では法律的には自転車と同じ、しかも飲酒運転は取られないという電動チャリにて出かけて行った。

ところが乗ってみるとバッテリーの容量が心もとない・・・

近所に住む香港の大スターWINGさんのマンションの1階に寿司屋がオープンしてたのを思い出して、そこで一杯飲みながら充電させてもらうことにした。
(中国は日本と違って基本的に充電は必ずと言っていいほどさせてくれるのよ〜)

まあそこの寿司屋が不味かったら目も当てられないので、
久しぶりにWINGに連絡して「お前んとこの1階の寿司屋は美味いのか?」と聞いてみる・・・

そしたら彼がもらった連絡でこんなことを返してくるのだ・・・

「Funky〜実は俺の友達の香港の老外(欧米人のことを称してこう言う)のバンドがさぁ〜、英語で歌えるボーカルを探してるんだ。
ボーカル見つかったら早速アルバムをレコーディングしたいらしいんだけどどこの国の人でもいいから誰かいない?」

というわけで香港とイギリスで活動するどんなバンドかわからんバンドのボーカルになりたい人大募集!!(笑)

バンドのデモ

https://soundcloud.com/puntgunsdemo-n-umero1/therapy-v5-master/s-2aWxV
https://soundcloud.com/puntgunsdemo-n-umero1/punt-guns-v5-master/s-qBEP5

バンドのスタイルはFoofigtersやNirvanaのようなスタイル。
男性ボーカルで英語で歌えることが条件。

その後香港で住んで活動するのか、または日本から通うのか、生活を保障してくれるのかどうか等は一切未定(笑)
ご自身で直接そのバンドと交渉して頂くことになります。
(当然ながらやり取りの言語は英語)

我こそはと思わん方は、ご自身の歌をアップしたYouTube等のアドレスを、ご自身のプロフィールや紹介文(英語)と共にこちらに送って下さい。

こちらとしてはそのメールをそのまま先方に転送します。
後のやり取りは全てご自身でやって頂いて、
その後どのような問題が起こっても当方は一切感知しません。
全てご自身で解決して下さい。

まあ海外のチャンスなんてだいたいそんなもんよ〜
我こそはと思われる方は是非〜

Posted by ファンキー末吉 at:21:53 | 固定リンク

2017年9月14日

モンゴルの砂漠

ちょいと古い話になるが、5月に寧夏回族自治区の銀川のドラム教室開校式に呼ばれた時の話・・・

北京で一緒に暮らしているLaoWuのバンド、布衣楽隊の初代ドラマー欧老師、日去年の中友好こども(大人も可)サマードラムスクールにも参加してくれた彼が地元に大きなドラムスクールを開校するというので呼ばれたのだ。

69music.jpg

それにしても中国語では「69」と「ロック」は何も関係ないのに何故「69音楽文化」!(◎_◎;)
まあ長い付き合いになりそうな名前である・・・(笑)

さてここで講師デモ演奏でドラムをぶっ叩いて打ち上げ!!!

画面反対側の羊の肘の部分も凄いのですが、いろいろご意見はおありでしょうが私的には寧夏回族自治区で一番美味いのは手前の炒烩肉、羊肉を炒めた焼きそばのようなもので、これをオカズに白飯が最高!!! - Spherical Image - RICOH THETA

夜にはよく出演させて頂いたライブハウスへ行ってみる・・・

地震のために帰国していたネパールのバンドが戻って来てた。
「ネパールはメタルが人気だよ、ツアーにおいでよ」
という彼らと是非今度一緒にネパールツアー行きたいな・・・

中国最果ての街に出稼ぎに来ているネパールのバンド、ネパール大地震で一時帰国してましたが無事戻って来たようです。 「ネパールはメタルが人気だよ、ツアーにおいでよ」と誘ってくれるバンドメンバー、ウェイターみんな、よき友達です。 いつかこいつらと一緒にネパールにツアーに行きたいな・・・ - Spherical Image - RICOH THETA

さて次の日にはドラムクリニック!!それが終わって砂漠に行く!!

銀川69音楽文化創立記念日特別ドラム講座終了!! もうだいぶカリキュラムが固まって来たな・・・ これから砂漠に行ってドラムを叩きます!! - Spherical Image - RICOH THETA


そうなのだ、「砂漠で活動(HuoDong)があるから」と言われてたのでもう一泊スケジュールを空けておいたのよ・・・どうなることでしょう・・・

というわけで本題!!そこからみんなで車に乗って砂漠へ向かう・・・
夕方には県境(と言うのか?笑)を越えて内モンゴル自治区まで行ってやっと目的地に到着・・・

途中の道は何にもないこんなところです・・・(パノラマ写真)

69SabakuRoad.jpg

以前行った呼和浩特(フフホト)の物語を思い出す・・・

まあ着いたらお決まりのモンゴル人の儀式・・・

白酒を飲んだら(飲まされたら)宴会!!(笑)

69SabakuEnkai.jpg

可愛いウェイトレスさんもいます!!

69SabakuGirl.jpg

ちなみにこのモンゴルパオは次の日見たらこんな感じでした・・・

昨夜大宴会を繰り広げたところはこんなところでした〜モンゴルパオ!! - Spherical Image - RICOH THETA

食ったらその場でセッション!!

外でもセッション!!

花火大会!!

69SabakuHanabi.jpg

子供もセッション!!

69SabakuKodomo.jpg

お見合い?(笑)

69SabakuOmiai.jpg

そんなこんなで酔いつぶれてモンゴルパオで雑魚寝するのですが、
翌日見てみたらこんなところ・・・

宿泊はモンゴルパオで雑魚寝!! - Spherical Image - RICOH THETA

そして朝外に出てみたら凄かった!!
砂漠はこんなところ!!!

起きたら砂漠に朝日が昇ってます!! - Spherical Image - RICOH THETA

ニワトリも山羊も飼ってます・・・

ニワトリも山羊も飼ってます・・・ 昨夜食ったのはこれか?!(◎_◎;) - Spherical Image - RICOH THETA

アヒルも飼ってます・・・

アヒルも飼ってます・・・食うのか?!(◎_◎;) - Spherical Image - RICOH THETA

砂漠はこんなところ!!

砂漠はこんなところ!! - Spherical Image - RICOH THETA

ちょっと歩くと湖もあります!!オアシスですね・・・

ちょっと歩くと湖もあります!!オアシスですね・・・ - Spherical Image - RICOH THETA

砂漠のオアシスには花も咲いてます・・・

砂漠のオアシスには花も咲いてます・・・ - Spherical Image - RICOH THETA

砂丘に登ってみると人間とはいかに小さいものなのかがわかります!

砂丘に登ってみると人間とはいかに小さいものなのかがわかります! - Spherical Image - RICOH THETA

こうしてまた一日かけて銀川まで帰り、私は日本へと帰路に着くのでした・・・

Posted by ファンキー末吉 at:13:42 | 固定リンク

尖閣諸島でロックフェスティバル

いやね、最初に言っとくけど酒の上の話ね、酒の上の(笑)

私のように外国で暮らしている人たちの中にはやっぱり「変わってる」人がいっぱいいるが、もう20年以上の付き合いである北京のN嬢も相当変わっている人間だと思う。

私と同じく中国人の血が入っているわけではない純粋な日本人だが、
「私はもう日本には帰らない。死ぬ時は中国で死ぬ」
(どっかで聞いた話やな・・・笑)
と豪語してやまない。

旦那も中国に来てもう長いが、同じくもう日本に帰るつもりもなくここ北京を終の住処と考えているのだろう・・・

そんなご夫婦とある日一緒に飲んだ時(よく一緒に飲むのだがその時は)、
たまたま私が北朝鮮に初めて渡航する前の夜であった。

北朝鮮にロックを教えに行く・・・

私にとってはそれは「死」を覚悟して行くようなもので、
帰って来れない可能性もあるということから、その日はまるで「遺言」のように色んなことを話したのだろうと思う。

当時は尖閣諸島の問題が日中関係を大きく揺り動かしていてその話にもなった。

「私はね、尖閣諸島は日中友好のシンボルとして永遠にどの国も不可侵な存在にすればいいと思うの!!」
とN嬢(酒の上での話よ、酒の・・・笑)。

「北朝鮮が核兵器とテポドン開発してるなら、まず尖閣諸島に落として島をなくしてしまえばいいと思うの!!」
(全く酒の上だけの話ですよ!!笑)

など酒宴は死地に赴く友人を送るべく(笑)なんか変な風に向かっていたのだろう・・・

香港の活動家が尖閣諸島に上陸して逮捕されたという事件の話になって、
「中国や日本やに限定するからダメなのよ、いろんな国がいっぺんに上陸するのよ」
とN嬢・・・(うんうん、酒の上の話ね・・・笑)

そこから話が
「じゃあ色んな国の人がいっぺんに上陸して平和のためのロックイベントをやろう!!」
になったのだと思う。

「じゃあ俺は北朝鮮からバンド連れて来る!!」
「僕は中国のロックバンドに声をかけます」
「韓国のおっさんメタルバンドならひとつ知ってるぞ」

船の手配をどうするかとか音響業者がとかも話したかなぁ・・・もう昔過ぎて覚えとらん(>_<)

とにかくむっちゃ盛り上がって楽しい酒宴だったのを覚えている。


ところが先日、ひょんなことから久しぶりにまたN嬢と飲むことがあって、突然こう言われたのだ。

「尖閣諸島でロックフェスティバルの話、どうなりました?」

・・・って俺がやるん?・・・!(◎_◎;)

「いや〜ファンキーさんに言っとけば何とかなるかと思って(笑)」

ならん!!(キッパリ)

まあその日には北朝鮮出身の北京に住む在日コリアンもいて、あわやまた大きな話になりそうだったので早々と退散させて頂いた(笑)


そして数日後、今度はN嬢の旦那さんと会った時の話・・・

「ファンキーさん、聞きましたよ、いよいよやるんですって?尖閣諸島でロックフェスティバル・・・」

!(◎_◎;)・・・お前ら夫婦の中でどんな話になってんねん!!!

やるならお前らでやりなさい!!
お前らがやるならドラムなら叩きに行ってやる!!・・・ってやるんかい(笑)

やらんよ〜これは酒の上だけの話やからね〜酒の上の話よ〜(笑)

Posted by ファンキー末吉 at:09:36 | 固定リンク

2017年9月13日

セットリストのデータベース

ライブファンズというライブ情報サービスを行なっている会社の代表者さんが、先日わざわざ八王子までワシを訪ねて来てくれた。

メールを頂いた時には何が何だかよくわからなかったが、
よくよく話を聞いてみるとなかなか素晴らしいシステムである。

ライブ・セットリスト情報サービス「LiveFans」

送られて来た資料によると、

LiveFansは、以下の様なユーザーに利用されています
• チケットを手に入れられなかったが、セットリストを見て雰囲気を味わいたい • 他の会場では、どの様なセットリストだったのか知りたい •ライブに参加する前に、演奏される楽曲を聴き込んで予習しておきたい
• ライブ終了後に、セットリスト通りに楽曲を聴いて余韻に浸りたい
• 知らない楽曲があったので曲名が知りたい、購入したい
• 昔のライブのセットリストを見て聴いて、あの頃を思い返したい

それでなんと月間訪問者が約100万人もして、月間PV が約1,000万Pもあるという!(◎_◎;)

ちなみにセットリストのページはこちら

国内最大の公演・セットリストデータベースを保有
公演情報 610,000件超、公演情報は、プレイガイドおよび一般公開された情報をもとに、過去60年分を掲載!(◎_◎;)

セットリスト情報は、プロダクションやレーベル、ミュージシャン本人からご提供頂いた情報、およびファンによる投稿をもとに掲載しています。

とのことだが、聞けば、間違った情報があったらファン同士で訂正し合ったり、
またバンドのマネージャーなどオフィシャル側から訂正したりするらしい。

なるほど、セットリストをUPしたら、そのYouTube映像や、購入サイトへのリンクが加えられていて、これはオフィシャル側にとってもメリットのあるデータベースだな・・・などと思っていたら・・・

待てよ、ここに著作権使用料の課金ボタンなどが設置されれば・・・

考えることは同じである。
代表者さんはそれを考えて私をわざわざ訪ねて来て下さったのだ。


2014年の段階での国会質疑による文化庁・長官官房 審議官の答弁によると、JASRACは「ライブハウスで演奏されたすべての曲を特定するのは利用者にとっても大きな負担となるため」という主張を根拠として、ライブハウスや社交場から集めた音楽著作使用料を「包括契約」というブラックボックスに入れている。

「放送局など何百曲を超える曲を特定出来る時代に、一日せいぜい10数曲のライブハウスのどこが大きな負担やねん!!」と突っ込みたくなるが、
実際にこのようにライブをやったらその膨大なセットリストをUPしてくれるサイトがあるんだったら、そこに課金システムを追加するだけで「曲別分配」など簡単に出来てしまうぞ!!!

ところがこれらの入力システムで一番問題になるのが、JASRACの楽曲データベースとの連結である。

江川ほーじんが開発した入力システムを使ってみてのレポートの中でも私はその点は指摘した。

しかし江川ほーじんがこのシステムを開発したおかげで、JASRACは慌ててJ-OPUSというシステムなるシステムを開発したのである。

おそらく「訴訟対策」なのであろう、ライブハウスにおいては「すでにJASRACと包括的利用許諾契約を結んでいる方」のみにこのシステムを使わるという本末転倒なやり方。

このシステムを万人に解放しさえすれば、前時代的な「包括契約ーサンプリング分配」みたいなシステムは不要になるのだよ!!(怒)

ところがJASRACは頑としてそれをやらない。
そんなシステムが確立して、Nextone(旧イーライセンス)など他の著作権団体などとシームレスに入力出来る世の中になったら、現在の演奏権、つまりライブハウスなどでの演奏における徴収と分配の「独占」が崩れてしまう・・・それこそが「JASRACが見る悪夢」なのであるから・・・

ところがこのシステムがJASRAC以外の著作権業者が手に入れたらどうなるだろう・・・

2017年9月4日に朝日新聞デジタルにてこんな記事がUPされた。
YouTubeから再生数に応じ著作権料 楽曲管理会社

Nextoneさん凄い!!\(^o^)/

もうね、JASRACがどれだけ時代遅れなのかを思い知らされる記事である。
他社で出来ることをどうしてJASRACはやらん!!(怒)

いや、やりたくないのだろう。
包括契約で演奏権の市場を独占している方が「オイシイ」のであるから・・・

ライブハウスの経営者との間でひとたび「包括契約」を締結してしまえば、それ以上何らの作業も行うことなく、全国のライブハウスの口座から固定額が自動的に引き落とされるのを待つだけで、一網打尽的に巨額の金銭を取得することができるシステムであるからである
(上記2017年8月18日に文化庁に提出した上申書より)

ライブファンズ代表者さんも私と同じことを考えていた。

そう、もうJASRACなんて相手にしなくてよい。
このライブファンズのセットリストデータベースにNextoneの楽曲データベースを連結してもらえさえすればよいのである。

そうすればどうなるのか・・・

Nextoneの管理楽曲は、
「演奏したらこのデータベースをポチっとしてお金払ってね」
で曲別分配出来ることになる!(◎_◎;)

演奏権という分野においてはまだNextoneは参入しておらずJASRACの独占状態だが、このデータベースを使えば、楽曲検索のデータベースを連結して課金システムと繋げるだけで演奏権に進出出来る・・・つまりJASRACの独占が崩れるぞ!!\(^o^)/

いや、こんなことも考えられないだろうか・・・

今まで私の周りにはライブハウスで演奏された印税をJASRACから分配された音楽家はいない。
それは「たまたまサンプリングに引っかからなかったから」だとJASRACは説明するが、自分で自分の楽曲を演奏しても他の人に払われちゃうんだから全くもってどうしようもない(>_<)

しかし曲別分配なら確実に分配される!!

今では録音権や演奏権など支分権の管理を別々の著作権業者に委託できるようになっていて、Nextoneと契約する多くの(ほぼ全てであろうと思われる)音楽家は、Nextoneが演奏権に参入してないので「演奏権だけJASRAC、その他はNextone」という風に支分権を分けて委託しているが、演奏権をJASRACに預けて分配されたことのない音楽家は、ひょっとしたら「演奏権だけNextoneに預ける」みたいなことが起こり得るかも知れんな・・・

まあこちらとしてはちゃんと分配してくれるところがあるんだったらそこに預けるぞ!!

「包括契約で月々JASRACに払ってるのに何で今更Nextoneなんかに払わないかんの〜ほなうちはもうNextoneの曲演奏禁止にするし〜」
みたいな過去放送業界でおきたような事態になるかも知れんが、
いや〜ここは是非Nextoneさん、このシステムを使って演奏権にも是非進出してもらいたいもんですなぁ・・・

Posted by ファンキー末吉 at:17:36 | 固定リンク

前の記事»
上申書要旨全文